塾講師志望の自己PRの例文

 

元々、私は中学から高校卒業までの英語が全く出来なかった人です。

 

このままではいけないと思って、高校を卒業してからアルファベットから学習をし直しました。

 

そして様々な参考書を読んだり、外国人とチャットをしてみたり、英検やTOEICの勉強をして少しは英語力がマシになったが何か根本的な所が全然分からないモヤモヤ感をずっと抱えていた。

 

そこで、「英語を使わざるを得ない環境に身を置いてみよう」と思い、2ヶ月間の短期留学をしてみた。

 

日本人とはなるべく関わらないようにし、毎日積極的に現地の人々に話し掛けにいって生きた英語を盗もうとした。

 

ある日、私が通っていた語学学校の自習室で、ある日本人男性の老人がホワイトボードに何かを書きながら英語を日本人の若者に教えていた。

 

「日本人が教える英語なんて何の役にも立たないものだろう」と思いつつも、私も少し混ざって聞いてみた。

 

彼は英語をネイティブのイメージに近付けて英語を説明していた。

 

私は彼の話を聞いていく内に、英語に対する多くのモヤモヤが吹っ飛ぶ感覚を味わった。

 

実は彼も生徒のようだが、今まで出会ってきた先生の中の誰よりも分かりやすい英語の授業だった。私は、毎日彼に質問をしに行って、限られた時間の中で多くの事を吸収してきた。

 

そして帰国をした時に、私は私と同じように英語に苦しんできた人達の先生になりたいと思い、今回応募に至った。

 

この自己PRで、実際に塾講師として採用されたようですね

 

バイトの塾講師程度でしか使えない自己PRですが、ご参考にしてください